Italian educationist and founder of the Montessori Schools, Maria Montessori (1870 - 1952), watching pupils in class at a school in Acton, London, 2nd November 1946. Original publication: Picture Post - 4244 - The Woman Who Made School Fun - pub. 1946 (Photo by Kurt HuttonPicture Post/Hulton Archive/Getty Images)

モンテッソーリ教育はイタリア初の女性医師が生物学に基づき、
子供の見方、子供の援助の仕方、環境の整え方など、
すべてが生命の法則や自然のプログラムに合わせて構成されている教育法です。
「科学的教育方法」とも呼ばれ AmazonやGoogleなど
名だたる創業者や、英国王室も雇用達されているほど
子供の教育法として信頼を受けています 。

生物には「敏感児」(Sensitive Period)といって幼児期に特別敏感な時期があります。
生物学者デ・フリースによって発見されました。
蝶の幼虫が、“向光性”の習慣によって
木の枝の先端にある柔らかい新芽にたどり着けるように、
人間の幼児期にも運動や言語など幾つかの能力を自然と習得します。
それは一定の能力を習得させるのに役立つと消えてしまいます。

また、幼児は「吸収する心」”Absorbent Mind”を持っています。
目立っての変化は見られない様に感じますが
実は3歳になるまでに子供が環境の中でスポンジのように吸収しています。
その無意識的経験のおかげで、3歳から6歳に意識的に発揮し、行動を起こします。

私たち講師は、

子供達の個々の発達段階を注意深く観察し、子供の集中力を伸ばせるように一人一人に援助をします。
それはトレーニングを受けた講師ならではの技量です。
基本となる日常生活の練習から、感覚、言語、算数、文化、アートなど、
探究心が発揮できるよう、自己教育力が持てる子供に導いていきます。