にっけんバンビーノ
お申しみ・お問合せ
にっけんバンビーノ
お申込み・お問合せ

ブログ

藤井聡太四段、モンテッソーリ教育で育つ

2017年06月27日

藤井聡太四段(14歳)の並外れた集中力は、幼少期の頃に「モンテッソーリ教育」で育ったから。

 
前代未到の最多連勝記録「29」を達成した藤井聡太四段(14歳)が、並外れた集中力を備えているのは、
幼少期の頃に「モンテッソーリ教育」を受けたからだと、言われています。

こうやって、モンテッソーリで育った子供が活躍してくれるのは嬉しいですね。

モンテッソーリ教育では、発達の段階に応じた適切な指導をします。
子供の中に芽生えている「敏感期」を見極めながら環境を整えることにより、子供は
何度も何度も作業を繰り返して行います。それは、誰かがしなさい。と言ったわけでもなく、まるで自分の中からの欲求を
消化しているようです。そうやって、何度も繰り返すことによって、満足感、集中力、持続力、達成感、自信へと繋がっていきます。            

藤井聡太君も、幼少期の頃に画用紙を編んで作る「ハートバッグ」にはまり、毎日何個も作って来たと言います。

幼少期の頃に、集中することを身につけていると、大きくなって能力が発揮されます。
有名な人の中では、グーグルの創業者、アマゾンの創業者、アップルの創業者など、たくさん人たちがモンテッソーリ教育で育ち、世界のリーダーになっています。

そして、とても大事なことは、自ら選んで始めたことをやり遂げたことによって心が成長することです。
モンテッソーリ教育は、心と知能と性質が育つ教育です。


にっけんバンビーノに来た子供たちは、性格も育った環境も様々ですが、発達段階に合った環境下で、毎日変化を見せています。
最初は教室に入りたがらなかった子供も、今では自分でお仕事を選んで繰り返し、そして集中できるようになりました。


まさにモンテッソーリ教育は、グローバル教育と言えるでしょう。
国際豊かなモンテキッズをどんどん育てたいですね。